おいもぽっくるができるまで

おいもぽっくるができるまで

使用原料
 愛情込めて育てた苗を、1本、1本 土作りからこだわった圃場に植え付けます。  圃場毎に栽培記録をとり、管理を行っています。その記録に基づいて検査を行い、農薬の残留がない安全な原料であることを確認しています。

1次加工
 皮むきしたさつまいもを、きれいに洗い、スティツク状にカット、その後ボイルして急速冷凍を行います。そうする事で、さつまいもの風味が残る、新鮮な状態を保つ事ができます。
 目視による選別、金属探知機での検査をクリアした原料のみを使用します。

2次加工
 さつまいも本来の味や栄養成分を損なう事の少ない特殊製法で仕上げます。 その後、さつまいもの甘さを引き立てる絶妙なバランスの塩味が効いた味付けを行ない、見た目とは違うサクッとした食感の“おいもぽっくる”の誕生です。

 
箱詰め
 出来上がったおいもぽっくるを機械で小袋に入れ、さらに金属探知機、X線探知機、ウエイトチェッカーでの検査を行い、箱詰めを行います。
 これで“おいもぽっくる”の完成です。